嵐オリジナルアルバム紹介③:How's it going?

今回は2003年7月9日に発売された3rd Album【How's it going?】です。

How's It going?

How's It going?

  • J-Pop
  • ¥2139

前回も少し触れましたが、この時期は嵐にとっていわゆる"冬の時代"で、前作と今作はチャート1位を逃しています。それでも名曲だらけなので是非とも聴いていただきたいです。

それでは参ります。

01. とまどいながら(album version)

作詞・作曲・編曲:オオヤギヒロオ

とまどいながら

とまどいながら

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

嵐のアルバムには珍しく、シングル表題曲がアルバムバージョンとして収録されています。この曲はイントロが1分以上長くなっています。

02. Crazy groundの王様

作詞:ma-saya、作曲・編曲:大野宏明、Rap詞:櫻井翔

Crazy groundの王様

Crazy groundの王様

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

タイトルの意味が未だに分からないです……。ただ、周りの評価や目線のせいで生き辛くなっていることはわかります。

03. Lucky Man

作詞:尾崎雪絵、作曲:飯田建彦、編曲:大坪直樹、Rap詞:櫻井翔

Lucky Man

Lucky Man

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

www.youtube.com

ライブでもおなじみの定番曲で、MVも作られています。アラフェス'13でメンバーが代わる代わるRapをやったのもそれぞれの個性が出ていて良かったです。

04. 身長差のない恋人

作詞:TAKESHI、作曲・編曲:長岡成貢

身長差のない恋人

身長差のない恋人

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

Lucky Manから間髪を入れず始まるんですよ。そしてイントロがすごい長いんですよ。歌詞も可愛くて。いいラブソングです。

05. ONLY LOVE

作詞:阿閉真琴、作曲:Ashley Cadell/BJ Caruama/John Collins、編曲:石塚知生

ONLY LOVE

ONLY LOVE

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

10周年ベストアルバムの初回限定盤にも収録された"相葉ONLY LOVE"な曲です。今でもコンサートのセットリストの候補に挙がっているのですかね?

06. 嵐のまえの静けさ

作詞:阿閉真琴、作曲:清水昭男、編曲:ha-j

嵐のまえの静けさ

嵐のまえの静けさ

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

なぜJelly fishなのかはわかりませんが、タイトル的にも自らの境遇に当てはめて歌っているような気がします。「花を咲かせてみよう きっと…」と歌っていたのが叶ったんだなと思うと感慨深いです。

07. Blue

作詞・作曲:森元康介、編曲:ha-j

Blue

Blue

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

5周年のベストアルバムにも収録されました。失恋を歌ったバラードです。櫻井くんがコンサートでピアノを演奏したこともあります。

08. Walking in the rain

作詞:SPIN、作曲:Brian Hobbs/Jany Schella/Christian Svensson、編曲:安部潤

Walking in the rain

Walking in the rain

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

夏のじめっぽい風景が浮かんできます。大サビ前のソロリレーも良いです。

09. パレット

作詞:TAKESHI、作曲・編曲:岩田雅之、Rap詞:櫻井翔

パレット

パレット

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

彼女が遠くへ旅立つ直前の切ない別れのシーンを歌った曲です。詞の世界観をそのままMusic Videoにしてしまいたいくらい情景描写が丁寧で、パレットというアイテムがもうずるいです。

10. できるだけ

作詞:相田毅、作曲:森元康介、編曲:大坪直樹

できるだけ

できるだけ

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

サビの歌詞を日本人全員に音読させたい曲。イントロから疾走感があってとても好きな曲です。

11. テ・アゲロ

作詞:久保田洋司、作曲:Patrick LIOTARD、編曲:CHOKKAKU

テ・アゲロ

テ・アゲロ

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

公式のどこにも表記が無いのですが、Rapは櫻井くんが書いている気がします。詞の世界観がパレットと大違いですが、一気に"夜の嵐"を感じる曲です。

12. 15th Moon

作詞:久保田洋司、作曲・編曲:Face 2 fAKE

15th Moon

15th Moon

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

愛にもがく狼というかのような、ダークな曲です。改めてここまで見ると振り幅が大きいですね。

13. どんな言葉で

作詞・作曲・編曲:荒木真樹彦

どんな言葉で

どんな言葉で

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

1番から5人でソロ回しで歌い継ぐのはこの時期の曲にしては珍しいです。やはり声がまだ若い気がします。

14. PIKA☆NCHI(album version)

作詞:相田毅、作曲:谷本新、編曲:CHOKKAKU

PIKA☆NCHI

PIKA☆NCHI

  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

こちらもアルバムバージョンですが、違いは少しわかりにくいです。ちなみにピカンチとは「ピカイチ」「ダンチ」「ハレンチ」を組み合わせた造語です。

 

先ほども書きましたが、とても振り幅の大きいアルバムだと思います。どれか1曲でも刺さる曲があればうれしいです。